表参道の審美歯科で歯茎のホワイトニング

歯の白さに高い価値を認める欧米諸国では、早くから審美歯科の分野が発達しています。日本でも、一般歯科の健康回復・機能回復の治療に加えて見た目のきれいさを求める方が増加中です。


表参道には、そうした審美治療を専門に行うクリニックがあります。表参道の審美歯科クリニックに来院する患者さんに多いのが、歯の色とともに歯茎の色をきれいにしたいという悩みです。

歯茎の黒ずみなど変色は、メラニン色素の沈着が原因で起こります。メラニン色素は、皮膚への強い刺激からの保護のために色素細胞のメラノサイトで作られる色素です。



強い紫外線を浴びた時の日焼け同様、喫煙によるニコチンやタールの刺激・強い力でのブラッシングなどの刺激が続くことでメラニン色素が定着して歯茎に黒ずみが起きることがあります。

厳選した日本経済新聞情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

表参道の審美歯科クリニックでは、歯の色を白くするホワイトニングとともに歯茎のホワイトニング治療も行っています。



歯茎のホワイトニング治療で使われるのは、主にフェノール系の薬剤です。
人によっては塗布時にぴりっとした痛みを感じることがあるので、薬剤の塗布前には局部の塗布麻酔をするのが一般的です。
フェノール剤の塗布後はアルコールで中和し、数日後には色素の部分が剥離して落ちてきれいなピンク色の歯茎が再生されます。
表参道の審美歯科クリニックでは、歯茎のホワイトニング治療とともに色素沈着の原因となり得る喫煙やブラッシングの力加減など、生活習慣の指導もしています。