歯そのものの色を白くする表参道のホワイトニング

欧米諸国では、歯の白さを大変重要視しています。早くから審美歯科の分野が発達した背景です。


従来の日本では健康回復・機能回復のための歯科治療が主流でしたが、最近では見た目のきれいな治療を希望する患者さんが増えています。

表参道には審美歯科クリニックがあり、見た目のきれいな治療の相談で多くの患者さんが来院されています。


表参道の審美歯科での相談で多いのが、歯の色についての悩みです。歯の色の悩みは、大きく分けてふたつあります。



ステインは、コーヒーやお茶その他色素の強い食べ物や飲み物に由来する色素が歯の表面に着いたものです。


表参道の審美歯科クリニックでは、こうした着色汚れをPMTCと呼ばれるクリーニングできれいにしています。

PMTCは歯科医院の専門的なクリーニングで、ブラシやジェット水流・超音波などを使って歯の表面の着色汚れや歯石などの汚れを取り除く処置です。PMTCを受けると、表面的な汚れや着色が取り除かれるので元々の自分の歯の色までは白くすることができます。歯そのものの黄ばみや変色を白くしたいというケースでは、PMTCのクリーニングではなく歯のホワイトニングの適用です。

朝日新聞デジタルの関連情報がご覧になれます。

歯のホワイトニングは、歯の内部に薬剤を作用させて色素を分解して歯の色を白くする治療です。
表参道の審美歯科では、クリニックで受けるオフィスケアと自宅でできるホームケアと2種類のホワイトニング治療をしています。

オフィスケアとホームケアには即効性や持続性といった点でそれぞれに特徴があり、表参道の審美歯科クリニックでは結婚式や就職活動に合わせて歯を白くしたいなど、患者さんの事情に合ったケアでホワイトニング治療をしています。